旅日記

「工作社」ホンマ アキラの旅日記です。
カサブランカ

飛びました。

海を渡らなければ外国に行けないことを、面倒に思うこともあります。
ヨーロッパの国みたいに「週末ちょっと小旅行」というわけには行きません。
でも「海を渡る」という言葉に含まれる、何か特別な響きを感じれることは幸せだ、とも思うのです。

よい国でした。
よい時間でした。
サラーム・アリコム。





モロッコの旅日記はこれでおしまいです。
読んでくれた方々、ありがとう!
| モロッコ 2006 | 11:00 | comments(0) | -
カサブランカ

カサブランカに着きました。
空港行きの汽車を待っています。

夜行バスは巨大なバスターミナルに着きました。
キオスクで最後の朝食をとり、
タクシーでここまで来ました。

今から汽車に乗って空港まで行き、
飛行機を2回乗り継いで日本に帰り、
バスを2回乗り継いで鳥取に帰ります。
家に帰るまで乗り物の中で2泊です。
| モロッコ 2006 | 07:36 | comments(0) | -
カサブランカ

エッサウィラを発ちました。
帰途につきました。

夜行バスの休憩中。
バスが途中で故障しないことを祈るばかりです。
朝の飛行機に乗り遅れると困ります。
| モロッコ 2006 | 22:11 | comments(0) | -
エッサウィラ

今夜の夜行バスで飛行場のあるカサブランカに戻り、朝の飛行機で帰国します。
最後のディナーです。
高級レストランで奮発しました。


でもそんなに美味しくなかったー。
| モロッコ 2006 | 19:05 | comments(0) | -
エッサウィラ

日本から遠く離れた場所にも日常があって、
誰かがあくびをしながらタバコをふかしている日々があると
この目で見たかっただけなのです。

この旅に目的はないのです。
| モロッコ 2006 | 15:21 | comments(0) | -
エッサウィラ

別れを惜しむように町中を歩き回りました。
しっかりと地面を踏みしめ、息を深く吸い込みます。

お土産にカルダモンとクミンとジンジャーを買いました。
引き込まれそうな深い色でした。
| モロッコ 2006 | 14:05 | comments(0) | -
エッサウィラ

モロッコに居れるのもあと2日。
少々複雑な心境です。
日本に帰りたいような、あともう少しだけ旅を続けたいような。

ビーチに散歩に来ました。
BARがありました。
BARとだけ書いてありました。
この非常に粋なサインが気になって、
ビーチなんかどうでもよくなりました。

かっこええわ。
| モロッコ 2006 | 11:52 | comments(0) | -
エッサウィラ

なるべく海に近い宿をとりました。
古いけれど清潔感のある部屋。
格子のはまった窓のすぐ近くにカモメがとまっていました。

街を囲む古い城壁に登ると、足元から大西洋が広がります。

城壁の上で、
地元の人も、
ヨーロッパから来た観光客も、
日本から来た僕も、
同じ夕日を眺めています。
| モロッコ 2006 | 19:05 | comments(0) | -
エッサウィラ



エッサウィラに来ました。
大西洋を望む漁港です。
行った事はないけれど、
ポルトガルの田舎町のようです。

この旅の最後の町になりそうです。
| モロッコ 2006 | 17:12 | comments(0) | -
マラケシュ

次の町に向けて出発です。
バスの出発まで時間があったので、植物園に行きました。

建物の壁の色にやられました。
クラインブルー。
艶のない深い青色は、強い日差しを呼吸しているようでした。
| モロッコ 2006 | 10:46 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE